ドメインとSEOの関係性

現在のSEOとドメインの関係性は切っても切れないものだと思います。独自ドメインの方が良いのか?それとも中古ドメインの方が良いのか?そんな疑問を中心に色々とSEOとドメインに関するお話をしていきたいと思います。

SEO対策には独自ドメイン?中古ドメイン?

中古のドメインでも取得すれば独自ドメインとなります。そして企業でサイトをやっていて、サイトが絶対に消えるわけにはいかないという場合や、個人ブログには慣れていて、高い収益化を目指すというのであれば、独自のものを取得した方が良いでしょう。レンタルサーバーの移行を自由に行えますし、SEO対策上も独自のものの方が平均的に評価が高めなので、実際多少はそういう色眼鏡が入ります。独自で取得してやっているくらいだから、今後もサイトの成長が見込めるだろうといったことです。
そして中古か新品かということに感じては一長一短なところがあります。正確には、新規は無難だけど、中古は当たりはずれがあるといった感じです。中古を取得する場合には、いくつかの観点で無料のツールなどで見ておくとリスクを避けやすいです。たとえば、過去のサイトが何年運営されていたのか、どのようなサイトが運営されていたのか、ランキングはどのくらいだったのか、スパム判定を受けた経緯がないか、といった内容です。これらの内容は必ずしも購入サイトに記載されているとは限りませんし、書いてあったとしてもそれが正しい情報とは限りません。
ドメイン名を入力すれば情報を表示してくれるサイトがほとんどなので、これらを駆使して見ておくと良いでしょう。また最近は過去のサイトの評価を引き継ぐ割合は減ってきています。また過度に引き継ごうとしている様子がうかがえれば、ブラックハットと見なされます。というのも、そもそも過去のサイトと今自分が運営しているサイトは関係のないものです。そのため、ユーザーの満足度などは一切関係なく、それによって恩恵を受けようという態度はグーグルには嫌われます。