ドメインとSEOの関係性

現在のSEOとドメインの関係性は切っても切れないものだと思います。独自ドメインの方が良いのか?それとも中古ドメインの方が良いのか?そんな疑問を中心に色々とSEOとドメインに関するお話をしていきたいと思います。

ドメインとパソコンについて、ページランクとは?

ドメインをしっかり選ばずにサイトを作っているとページランクが上がらないことがよくあります。特にパソコン以外からのアクセスが伸びないことが多いので注意が必要です。ページランクとはGoogle社が設定しているサイトの価値です。古くはバックリンクなどがいくらあるかで判定されることが多かったのですが、現在ではリンクのほかにSNSなどでからの評価も重要視されていると考えられています。ページランクはGoogleがつけているのですが、検索順位に大きく影響を及ぼすと考えられており、数多くのSEOテクニックが開発されてきています。

基本的にページランクが低いサイトは検索順位が下がる傾向があります。理由としてはGoogleのサイト判断によって価値が低いと判定されているからですが、検索アルゴリズムの変更もあり、ドメインも重要なチェックポイントとなってきていると考えられています。ドメインは自由に付けられますが、取得してからサイトにどれだけ利用されてきたか、そのサイトのページランクはどうだったかなどが保管されていると言われており、ページランクを設定する際の指標の一つと言われています。そのため、出来る限り古いドメインが効果が高いと言われていますが、実際のところは確定情報はありませんが、古いドメインの方が検索順位が上がる傾向は続いています。ただし、ドメインばかりがよくて中身がなければ検索順位はが上がりませんしページランクも上がらなくなっています。重要なことはコンテンツの充実です。できる限りドメイン名と関連するコンテンツにし、コンテンツを整理、充実させることで価値が高いと検索アルゴリズムで判定されやすいと考えられています。