ドメインとSEOの関係性

現在のSEOとドメインの関係性は切っても切れないものだと思います。独自ドメインの方が良いのか?それとも中古ドメインの方が良いのか?そんな疑問を中心に色々とSEOとドメインに関するお話をしていきたいと思います。

言語の違う中古ドメインをまとめサイトに使っていい?

海外で使用されていた評価の高い中古のドメインをまとめサイトに使うのはどうなのでしょうか。

結論からいうと言語の違う中古のドメインを使用しても、ほとんど問題はありません。
言語が変わったとしても、それなりの評価を引き継いで使用することができるため、日本語のまとめサイトとして新たにサイトを一新させてスタートをさせたとしても、新規ドメインで始めるより成長が早い可能性もあります。

しかし、過去にそのドメインが自作自演リンクをしていたり、低品質なコンテンツばかりを作って、Googleからペナルティを受けていたようなサイトの場合は、新規ドメインよりもマイナスな状態からスタートすることになります。

ペナルティが解除されていても、過去にペナルティを受けたという事実は消せないため、そのような場合は言語の違い関係なく、そのドメインでまとめサイトを運用していくことは避けたほうが良いでしょう。

ドメインのあたり、はずれは実際に運用してみなければわからないことが多く、使ってみるまで本当の価値が見えてきません。

そのため、過去に海外の言語で使用されていたから、この文字列でまとめサイトに使うのは良くないか…と考えてしまうときは、いくつかの文字列を取得して、実験的にコンテンツを投入して順位変動の動きを計測してみるのが一番良いでしょう。

多少のコストがかかってしまいますが、どのドメインが優秀なのかを見極めるためには、複数の文字列を取得して比較してみるのが一番分かりやすく、比較ができます。

もし、そのようなコストをかけられない、一発で成功させたい、といった考えを持っている場合は、過去に運用歴がない新規の文字列を探して、それをまとめサイトに使用していくのが、最もリスクのない選択になります。