ドメインとSEOの関係性

現在のSEOとドメインの関係性は切っても切れないものだと思います。独自ドメインの方が良いのか?それとも中古ドメインの方が良いのか?そんな疑問を中心に色々とSEOとドメインに関するお話をしていきたいと思います。

SEOに強いドメインとはどんなドメイン?

新規ドメインでSEOに強いドメインは、ワード選定のうまくいっているドメインです。シンプルで短く、コンテンツの内容に合ったものを作成するという基本に則っていればそれで問題はないですし、それ以上のものもないです。英語か日本語かというのは、昔は状況に応じてというのはあったのですが、今は特にどっちが良いというのはありません。グーグルもコンテンツの内容と照らし合わせたり、翻訳して理解しているので、検索者が望むサイトと判断すれば、ドメイン名自体が一致していなくても上位表示することになります。
一般のユーザーはそれほどドメイン名を見ているわけでもないですし、合理的な方法でしょう。そして、多少のメッセージ性が込められていたとしても、グーグルはその解釈もうまいです。人工知能は膨大なデータベースを保有しているので、それを基にメッセージ性を紐解きます。簡潔なドメイン名からどんどん取得されていくため、多少ひねる必要性があることはグーグルも理解しています。そして、それを読解する能力も兼ね備えているのです。しかし、むやみにひねる必要もないので、暗号性を含ませすぎるのも辞めておいた方が良いでしょう。
中古の場合は、過去のサイトの評価を引き継ぎたいという気持ちがあって取得したりするのですが、最近はそこにはそれほどの期待はできません。またブラックハットと見なされるリスクも伴ってきます。昔はアルゴリズムの構造上、過去のサイトを引きずるのは仕方がなかったのですが、今はグーグルの人工知能のレベルが上がってきているので、そのような切り分けがうまいです。
あまり小細工は通用しなくなってきているので、シンプルにコンテンツで勝負する意気込みです。